スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷いますが・・・。

今夜いつもの病院に行ってきました。
今日の診察は院長のA先生ではなくて
若手のK先生。

K先生は病院紹介の自己紹介で
「がん治療に力を入れています」
と、おっしゃっているので、
今日の診察担当になってくださったようです。

普段、やっぱA先生が人気で
A先生でないと!という人もいるけど
うちはこだわらないので、
今までもK先生に診てもらうこともありました。
今回悪くなってからは、A先生に診てもらうことが多かったですが。

それで、昨日大学病院の先生からの電話を
聞き間違っていたみたいで
今日、詳しくお話をきくと

リンパ腫には3種類あって
「低分化型=高悪性度」
「中分化型=中悪性度」
「高分化型=低悪性度」

「低分化型=高悪性度」の症例が多くあって
ここでT細胞に抗がん剤があまり効かないらしいです。
チャックは
「高分化型=低悪性度」らしいのですが
これは、すごくめずらしいので
症例がほとんどないから
ここでのT細胞に抗がん剤が有効かどうかわからない
(効くかもしれないけど、効かないかもしれない)
ということだったみたいです。

それで、
抗がん剤が効くかどうかわからない
副作用がある
何よりも、今現在、チャックに体力がない
ということで、抗がん剤の治療は
やめようと思います。

それに抗がん剤治療をするといっても
血液検査をして、状態が悪いと
ダメと言われることもあるそうです。

ただ、いろいろ調べてみると
抗がん剤の副作用もたいしたことなかった
という人もいるし
抗がん剤治療によって「寛解」といって、
完治しないけど
治ったような元気な状態になることがあるみたいで
すごく迷います。

チャックは今日は、体重維持(12,2キロ)できてたけど
下痢、もどすことも何度もあって
実は昨日から2階へ上ってこなくなりました。

今朝の4時頃、2階へ上ろうとしている音が聞こえたので
起きて、外にトイレに行かせたら
車に乗りたいと言って家に入ろうとせず
結局、車に乗せてやったら
降りようとせず、
「朝ご飯食べよう!」と言うまで車に乗っていました。

ブログ9

「降りないもーん!」

ブログ10

「なに?」

ブログ11

「おりこうにクレートに入ったら
どっか連れていってくれる?」

とりあえず、今夜から私は下の部屋に寝ることにします。

今ブログアップしようと思ってたら
また外にトイレに行って
車に乗りたがってるよー。
困ったやつだ!!


長い話になりますが・・・。

今夜、大学病院の先生から、
電話がありました。

この前の検査で、わかったことは
「炎症性腸疾患」か
「悪性リンパ腫」の疑い
ということでした。

この二つのどちらであるかで
治療法は変わってくる。
炎症性腸疾患ならステロイド治療が効果的で
リンパ腫なら抗がん剤治療が効果的。

抗がん剤治療は
確定診断がないとできないということでした。

確定診断は、内視鏡か開腹手術しないとできない。

そして、ステロイド治療は、ずっと続ける必要があって
治るということはない。
抗がん剤治療は、型が合うかどうかわからないのと
副作用のこともある。

そういう話だったので
どちらにしても治ることは難しい思って
それ以上の検査も手術もことはしないことにして
大学病院を後にしたのです。

ただ、注射で?細胞を少し取って検査してくれてて
その時は、そこまでしかわからなかったけど
詳しい検査をしてもらうように頼んでいたのでした。

今夜、先生がおっしゃるには
「リンパ腫の可能性が大きいという結果が出た」
らしいのです。

なので、今のステロイド治療より
抗がん剤治療のほうが有効なんだそうです。

リンパ腫にはT型?とB型?があって
T型は抗がん剤があまり効かないんだって。
でも、チャックはT型ではないらしい。
でも、特異ケースなので
抗がん剤が効くかどうかわからないけど
T型ではない!ということで
抗がん剤が効く可能性があるそうです。

・・・・・・
抗がん剤治療をするかどうか
あしたA先生と相談してみます。

今日も夕方に点滴に行きました。
点滴は首のあたりにされます。
終わった後に、テープを貼ってくれるけど
毛があるから、人間のように
注射針の痕に全く当たっていません。
(これは今日の写真じゃないけど)
なので、意味のないバッテンがついて笑えますが
ほんとはこんなに頑張ってるから
花丸でもつけてあげたいです。

病院の前で、下痢したからじゃないけど
本日の体重12,1キロ・・・
だんだん笑えなくなってきたなぁ・・・・。


ブログ8

食後の万歳!

今回の大学病院の検査で、
腸が悪いことが分かったのですが
もう一つ分かったことは
食道が「伸びている」というか、「垂れている」というか、
「緩んでいる」というか、「膨らんでいる」というか・・・。

普通は食べ物が通る時に、通るくらいに伸びる(膨れる)
食べ物が通ってしまうと、元の大きさに戻る。
なのに、チャックの食道は、
「やや膨らんだままになっている」
というのが、レントゲン?でわかりました。

何度も嘔吐してたのが悪かったのか
何か病気なのか
(すごくまれに何とかって名前の病気があるとおっしゃってた)
そして、腸の病気との関係もわからない・・・。

「嘔吐」には、2種類があって
胃からもどすことを「嘔吐」と言って
何かした拍子に、今食べたものが、ぱっと出る感じのを
「吐出」といって区別しているそうです。

チャックはこの吐出が多い感じなんです。
(食道が膨らんでるからね)
で、きちんと胃に食べ物が届くように
なるべく高いところに食事皿をおいて
食べさせるといいんだって。
(普通は食道に食べ物が留まるようなことはない)

ブログ5


そして、食後に万歳をさせること!
食道から胃に食べ物を流すっ!!

ブログ6

ちょっとこの前の検査で
お腹の毛を剃られています。(^_^.)

「バンザーイ!」
でも、このポーズ、
嫌がるんだよねぇ・・・。

ブログ7

ハイ!チャックの顔に、ご注目!
いつものガルゥのお顔です。

こんなに苦労してるのに
本日の体重12,5キロ。

今朝、とっても久しぶりに
いいうんちが出たんだけど
嘔吐1回、吐出が2度程あったからね。
仕方ないかな。

体重維持

今日も点滴に行ってきました。

びびりんちょのチャックも
このセントバーナードは置物なので
怖くないです。

ブログ3

今日は、昨日と同じ体重を維持できていました!!
(12,8キロやけど)

ただ今、点滴中・・・

ブログ4

この鼻づらに、A先生は
「チャック、がんばれ!」と
チュウを何度もしてくれます。

うれしいけど、
チャックの鼻を介して
私はA先生と間接KISSしてるなぁ・・・。

わがまま犬になってます

水曜日、大学病院での検査の結果
「どっちにしても治らないんだ」と
詳しい内視鏡の検査はしないことに決めて、
近い別れも覚悟して、涙も流しました。

検査の次の日も(いつもの病院が休診日だったので)
大学病院で点滴を受けたのですが
「この血液検査の結果(悪い)で、
こんなに元気なのは不思議。
いつ何かあってもわからないくらいなのに」
って、言われたりもしたので
覚悟を決めて、金曜にいつもの病院にもどって
「余命」の過ごし方の相談をしようと思っていたんですが

大学病院から連絡も受けたうえで
A先生は「チャックは元気やし、治療しましょう!」
と、言ってくださいました。
(「治療してください」「治療するべきや」くらい言ってたと思う)

で、点滴とステロイドの治療をしています。
そしたらね、
ほんまに元気なの!
今日は散歩にも行きました。
みんなでハイキングしたかった公園へ
(地震のバカヤロー!)

ブログ1

そのあと病院へ行って、点滴をしました。
で、昨日もごはん食べたし
今日は、もどすこともなかったのに
体重が・・・
12.8キロになってた・・・。
かなりショック。

でも家に帰って食欲あり。
すごく食べたがるので、
おかわりは、お腹にやさしい缶詰を食べさせようと
お茶碗に入れたけど
やっぱり食べない。

「これ、嫌いやねん・・・」

ブログ2

食べ残したんじゃなくて
食べるかも?って少しだけ入れたの。

どんどん我儘になってる?
ま、今は我儘きいてやるかっ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。